エコパーキングとは?

郊外特化型のコインパーキングシステム。

郊外特化型のコインパーキングシステム。

スペース24がビジネスモデルを開発した、郊外特化型のコインパーキングシステムです。エコパーキングによって「お客様」「土地の所有者」「スペース24」の3者すべてにメリットが生まれるため、急速なペースで事業が拡大しています。

エコパーキングの特徴

郊外特化型のコインパーキングシステム。

設置費用を抑えることで、従来の約半額の駐車料金を実現。

都心部には多すぎるくらい増えているコインパーキングですが、駐車料金が安い郊外では設備投資をしても採算が合わず、コインパーキングが足りていません。それに対してスペース24は、「フラップなし」「高額な設備なし」「アスファルト舗装なし」のパーキングシステムを開発。利用者は前金でチケットを購入して、車内の見える場所に貼る仕組みです。そのため先行投資が抑えられ、これまでの約半額という超低価格の駐車料金を実現しています。

  従来型コインパーキング エコパーキング
(スペース24)
先行投資額 約500万円 約200万円
フラップ あり なし
高額な設備 あり なし
アスファルト舗装 あり なし
矢印

駐車料金、
約半額を実現!

それぞれのメリット

関わる人すべてにメリットがあります。

土地の所有者
(遊休地を持つ個人・法人)
  • これまで活用法がなかった“郊外の遊休地”が資産に
  • 設置のリスクが少なく面倒な管理も不要
  • 建設予定地などで短期間の駐車場経営が可能に
お客様
(エコパーキング利用者)
  • 都心にしかなかったコインパーキングが利用できる
  • 従来型パーキングの約半額という低料金で利用できる
  • 通勤やショッピングの際、駅まで車で移動し、
    電車に乗って都心へ移動することができる
スペース24
  • 土地の所有者とお客様両方に喜んでもらえる
  • 競合が少ないので営業の成果が出やすい
  • 迷惑駐車が減り、地域社会にも貢献できる

エコパーキングの将来性

全国約10000ヵ所の設置をめざします。

エコパーキング事業の開始からわずか3年で設置箇所400件を突破。日本各地にあらたな事業所を開設し、将来的には全国約10000ヵ所の設置を計画しています。社員規模も現在の7倍以上になる想定で採用計画を進めています。

<エコパーキング設置数推移目標>

エコパーキング設置数推移目標
PAGE TOP